問題 子育て 悩み 親子

思春期には、ほど遠いと思い込んでいた親に大切にして欲しい4つのこと

更新日:

Pocket

子どもが思春期にさしかかる小学校・中・高学年あたりから、幼少期の頃の様子とは変わってきます。

親「宿題したの?」

子「したー」

親「本当に?」

子「俺の言うこと信じないのかよ!」

このような会話日常良くありますよね

思春期には、ほど遠いと思い込んでいた親に大切にして欲しい4つのこと

 

子どもの成長に伴い、親子間のコミュニケーションも変わります。

 

思春期の真っ只中の中学生や高校生になるとより男子も女子も一層変化が鮮明となります。

 

思春期の子どもとのコミュニケーションに不安や戸惑いを感じる親は少なくありません。

 

例えば、思春期の子どもとのコミュニケーションは、こんな感じです。

 

ちょっとトイレに行っただけで「ママ!ママ!」と泣き叫んで追いかけてきた子ども。

 

本当にかわいい時期はつかの間ですね。

 

「誰と結婚したい?」と聞いても「ママ」と抱きついてきた子ども。

 

朝、「ねー遊んで!」と布団に入ってきて、「パパ起きて!一緒に遊びたい~」とせがんでいた子ども。

 

目に入れても痛くない我が子でした。

 

 

小学生になっても、一緒にお風呂に入り、外食や旅行をし、ゲームやキャッチボールをし笑顔そして会話も絶えなかった親子関係でした。

 

しかし、急に言葉が乱暴になり・・・

 

何で!?

 

当然ですが思春期だからです。

 

当たり前なのですが、素直に受け止められないのが親というものです。

 

歴史は繰り返される。

 

 

数十年前のあなたはどうだったでしょう。

 

 

今の子どもと同じ思いをしていませんでしたか?

 

例えば、

「親のいうこと全部うっとうしかった」

 

「いちいち応えるのが面倒だった」

 

「大人扱いして欲しかった」

 

「失敗しても責めないでほしかった」

 

「他人と比較してほしくない」

 

「上から目線がイヤだった」

 

「家に帰りたくない」

 

「友達の親が素晴らしいと思えた」など。

 

また、何をやっても親は認めてくれない。

 

自尊心を持てず、将来の夢や希望も無く、毎日がつまらない、生きている価値すら見当たらない。

 

 

こんな思春期時代を送った人もいると思います。

 

今まさに目の前にいる子どもも同じ思いをしているかもしれません。

 

では、子どもが思春期の親として、どうすればいいのでしょう?

 

基軸4つ持っていますか?

 

基軸4つ持つことが、親として何よりも大切だと思います。

 

具体的なチェックリストも一緒に記載します。

1. 親は、「子どもの力を信じる」こと

子ども教育の目的は、「子どもが自立した社会人になる」ためです。

 

そして、自立するために重要なこととは、「自分の力で進もうとする意志と、自分は価値ある存在なんだという自己肯定感」を持てる子どもになるよう行動を信じてあげましょう。

 

しかし、思春期と言えどもどうしても親は子どもに対して過保護や過干渉、そして否定的になりがちなものです。

 

だから、子どもが自主性と自己肯定感を持つことにつながる言動を親は取ります。

 

2. 親は、「子どもから逃げない」向き合うこと

子どもが成長する上で一番大切なのは、親子間に「信頼」が必ず存在することです。

 

そして、信頼し合うために重要なことは、親子間で双方向性があり、互いの意見や立場を尊重し合う関係になることです。

 

しかし、子どもが思春期にもなると、子どもに発生した難しい問題から親が逃げたり、親子間の関係がギクシャクしたり、会話が断絶したりするものです。

 

親子間での信頼感を醸成し、難局には互いに協力し合う関係につながるための言動を親は責任をもって取っていきましょう。

 

3. 親は、子どもにとっての「社会の窓口」になること

思春期の子どもは、何年すれば「社会」に出ることになります。

 

そして、社会に出るための準備として重要なことは、子どもが「社会について関心として良いこと悪いことについて全てにおいて責任をを持つことを知る」ことです。

 

昨今の教育環境やコミュニティーが希薄で、子どもが社会と接する機会が少ない現状、机上の論理や教科的知識だけを持って社会に「放り出される」子どもが多くなっています。

 

それが故に「親が子どもと社会の架け橋」になるための言動を親は取ることになります。

 

4. 「笑っている親」でいること

「大人になること」に魅力を感じている子どもは、幸せな人生を送れます。

 

 

子どもが「大人になること」に魅力を感じるため、親自身に基軸があり、家庭を大切にし、笑顔のある生活を日々送っていることです。

 

しかし、長期的視点を持てず目先のことや世間体に左右される(基軸が無い)、家庭を軽視したり、イライラした日々を過ごしている(笑顔が無い)親も少なくありません。

 

基軸があり、家庭を大切にし、笑顔のある生活を送ることにつながる言動を親は取ること。

 

次のような経験やスキルを求められる仕事とは何でしょうか?

・危機管理対応の経験

・多数のプロジェクトを同時に管理

・立ち仕事か身をかがめての作業が多い

・臨機応変さが必要

・週7日24時間体制、実働は週135時間

・休憩、休息無し

・常にポジティブな姿勢と、無限の忍耐力

・そして、無給

・でも、世界で一番価値のある仕事

 

それは、「子育て」という仕事です。

 

子どもが思春期を迎えたのは、皆さんが子育てという「世界で一番価値ある仕事」をやってきたからです。

 

だからご自身の子育てに誇りと自信を持って欲しいのです。



日々の出来事ランキング

  • この記事を書いた人

ichyan

2児の母です。 DVから逃げるように子どもと逃亡生活。 連日のように流れる虐待報道はとても他人事とは思えず1994年から虐待を受けた方の話しを聴く事を初めました。 虐待防止に必要な事は周囲の温かいサポート。 体験したからこそ聴ける。 自分のことを振り返る時間を共有することでお互いの支えになるよう日々過ごしています。

-問題, 子育て, 悩み, 親子

Copyright© いっちゃんのファミリーケア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.