問題 悩み 病気

良い睡眠とは・・夜なかなか寝付けない。1日3時間の睡眠障害対策

更新日:

Pocket

こんな方におすすめ

  • 毎日寝不足!
  • 朝、起きるのが辛い
icyan
あーーー眠い...
icyan
イライラする

 

1日8時間の睡眠なんて考えられない!

どうしたら、夜中に起きなくても良くなるのだろう?




マットレス

サプリ

睡眠導入剤(お医者様に処方したもらいました。)

 

しかし、12時に寝ても2時30分に起きてしまう

 

通販で良く宣伝している◎◎マットレス

買いましたが・・私の身体には合わず

 

今は、子どもが遊びで使っています。

転んだときに危なくない!(捨てずにすんだのもlucky)

次にためしたのがこれです。

1.自然な寝返りをサポートする反発力
2.体圧分散に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
3.8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性
4.通気性が良く、蒸れにくい
5.ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心
6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地
7.安心のアフターサービス
8.体重や好みに合わせて選べる硬さ

確かに、腰の痛みは無くなりました。

良く行くまつエクの、ベットは1時間ばかり寝てまつエクをしてもらいますが、

起きたときに腰が「うっ..」「痛い」

なんてことはありませんでした。



私自身の体型もあり体重に合わせられるは良かったです。

良い睡眠とは・・夜なかなか寝付けない。

日本人の全年齢の平均睡眠時間は女性が7時間36分

 

男性が7時間49分

35~39歳では

女性が7時間22分

男性が7時間24分

 

なかでも最も睡眠時間が短いのが男女とも45~49歳。

この年齢層では女性が6時間48分、男性が7時間18分と、かなり睡眠時間が短いことがわかります。

睡眠は「時間」も大事だが「質のよさ」がもっと重要!

日本人の睡眠時間は欧米諸国と比べると短いです。

特に女性ではその傾向が顕著に表れているというデータがあります。

また、厚生労働省のデータによると、現在、日本人の5人に1人は、睡眠時に何らかの障害を抱えているとされています。

 

◎時間が不足

◎内容にも問題がある

しかも睡眠不足は、高血圧や糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病の原因になるともいわれています。

寝入ってから2~3時間後に分泌されるのが成長ホルモン...

私は、分泌されていない

だから、耳石がずれたそうです。

ホルモンのバランスが悪くなると起きます。

 

いい年齢になり成長ホルモンいるの?

なんて、考えてしまいますよね。

肌のコンディションがよくないと感じたことはありませんか。

それは、成長ホルモンが十分に体にいきわたっていないからかも.....




いろんな症状がでますが、まずは寝具から変えてみてはいかがでしょう。

質のいい睡眠をサポートするアイテム

睡眠の質を高めるためには、寝具なども重要なポイント

スポーツ選手がよく利用しているという網状のマットレスは、代謝の高い人や暑がりの人にピッタリです。また、寝返りが打ちやすいため、快眠です。

パジャマ選びにも気を遣いたいものですね。

、自分にマッチするアイテムを見つけることが、快眠に結びつくのです。

  • この記事を書いた人

ichyan

2児の母です。 DVから逃げるように子どもと逃亡生活。 連日のように流れる虐待報道はとても他人事とは思えず1994年から虐待を受けた方の話しを聴く事を初めました。 虐待防止に必要な事は周囲の温かいサポート。 体験したからこそ聴ける。 自分のことを振り返る時間を共有することでお互いの支えになるよう日々過ごしています。

-問題, 悩み, 病気

Copyright© いっちゃんのファミリーケア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.